当サイトでは,社会福祉士試験対策に必要な知識や情報を,社会学を中心に整理してご紹介します。

ホームレスの実態

□ホームレスの実態(ホームレスの実態に関する全国調査:H15年)

 ホームレスの多い都道府県:大阪府,東京都,愛知県
 平均年齢:55.9歳
 生活場所:公園48.9%,河川敷17.5%
 路上期間:1年未満30.7%,1〜3年未満25.6%,3〜5年未満19.7%
 仕事をもつ割合:64.7%
 身体の不調:47.4%


【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

町内会

町内会 ⇒ 町内に組織される地域住民の自治組織

□町内会の特徴
 @加入単位は世帯(個人ではない)
 A加入は半強制的(居住→加入)
 B包括的,多目的的な機能
 C末端行政の補完的機能
 D伝統的な保守主義の温存基盤

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

過疎化

過疎 ⇒ 産業化や都市化などに伴う人口流出によってそれまでの生活水準が維持できない状態になった地域

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

バージェスの同心円地帯理論

□バージェスの同心円地帯理論
 都市の土地利用形態 ⇒ 同心円状に拡大

 T(中心) ⇒ U ⇒ V ⇒ W ⇒ X(外縁)

T:中央ビジネス地区
  →政治,経済,文化の中心地

U:遷移地帯
  中央ビジネス地区により浸食
  スラムあり,家賃は比較的安い

V:労働者住宅地帯
  遷移地帯を抜け出した労働者が居住
  生活環境はそれほどよくない

W:中流階級住宅地帯
  比較的収入の高い層が居住
  U,Vより住環境がよい

X:通勤者居住地帯
  上流階級が居住する地域

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

インナーシティ

□インナーシティ
 →都市の中心市街地(特に都心外周地域)

□スプロール現象
 →都市の急激な発展で市街地が無計画に郊外に広がっていくこと

□アーバニズム(ワース)
 →都市に特徴的な生活様式

cf.サバーバニズム(郊外主義)
 →大都市の郊外化に伴って形成される郊外に特徴的な生活様式

  ジェントリフィケーション(紳士化)
 →郊外人口(専門職,管理職など)を中心地域に呼び戻すこと

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

都市化の段階

□都市化の三段階説(クラッセン)
 @第1段階:農村から都市へ人口が流入
 A第2段階:上層階級が郊外へ移住
 B第3段階:インナーシティ問題が発生(都市の衰退)

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

都市化

都市化の2つの側面
@産業化の進展に伴う人口の都市への集中
A都市的生活様式の形成とその農村部への浸透

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

自己と他者

役割 ⇒ その人が占める社会的地位に付随して期待される行動様式の総体

@役割取得(ミード):他者からの期待を相手の位置に身を置いて認識し,それを自らのうちに取り入れることで自分の役割行為を形成すること

A役割形成(ターナー):他者にはたらきかけ,他者の役割期待を変化させて再構成すること

B役割距離(ゴフマン):他者の期待と少しずらした形で行動すること
 例)外科医が手術室で冗談をいう

cf.ホモ・ソシオロジクス(ダーレンドルフ)
 →他者や社会の期待に拘束され,受け身的に自己の行為を形成する人間

  感情操作(ゴフマン)
 →組織から期待される役割と自分自身との間に葛藤が起きたとき,社会的な感情ルールに適合するように自己の感情をコントロールすること

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

自我の社会性

自我 ⇒ 自己(個体の意識や行為をつかさどる主体としての「私」)

cf.クーリー「鏡に映った自我(自己)」
 →他者を鏡とし,他者を通じて自分の自我を認識

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】

ドメスティック・バイオレンス(DV)

ドメスティック・バイオレンス ⇒ 同居関係にある配偶者や内縁関係などにある家族から受ける家庭内暴力

【社会福祉士試験の過去問をチェック!】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。